テンシュテット+ロンドンフィル@人見記念講堂
1984年の話で、申し訳ない。

実は、当時来日したクラウス・テンシュテット+ロンドンフィルハーモニー管弦楽団によるライブ録音のCDを入手したのだ。

残念ながらCDは僕の行ったマーラーの第5番ではなく、東京簡易保険ホールのブルックナー第4番を主とするプログラムのものだ。これは、当時FM東京で放送されたもので、そのソースにより発売されたCDなんだ。




そんなCDを買って、当時を少し思い出したので、書いてみることに。

サントリーホールはまだ完成していなかった当時としては、昭和女子大学人見記念講堂はとても音の良いホールとして定評があった。FM等で聴く音源でも、それは確認できていたし、大好きだったマーラーの5番ということもあって、このコンサートを選んだんだ。

貧乏学生だったので、1万円を超えるチケット(だったと思うのだけど)はなけなしのお金。
全てを聴き漏らすまいと、事前にスコアを買い、譜面を見て曲をできるだけ覚えようともした。
そして、コンサート当日は全身全霊で耳を傾けたんだ。

ロンドンフィルの透明感のある、しかもとても重厚な弦楽が特に印象的で、いわゆる当時の典型的なドイツ流のテンシュテットとよくマッチした。
もちろん、マーラーの解釈としてはやや古いものではあったが、そんなことはむしろ無関係と言っていいくらいの充実した演奏ぶりだった。

このとき、CD等音だけではなかなか知り得ない発見があった。マーラーは遊び心のある人だったと思うのだけど、まるで悪戯のようなことを一部やっていた。純粋に音だけのことならそんな必要はないと思うのだけど、ポンポンポンと、次々と同じ楽器なのに演奏する人が移動していくところがあったりね。指揮者でもあったマーラーならではのオーケストレーションなのかも知れない。

第4楽章のアダージェットでは、特に、確か女性2人による重厚なハープが印象に残った。そして、僕の好きな厚みのある弦で緩やかに豊かに、そしてかっちりした音で歌う旋律。奇をてらわない自然な流れ。とても包容感のある演奏だったと思う。

他にも、言葉にできないことがたくさんある。
もし、僕がこんな演奏ができたなら、それだけで一生を終えてもいいと思うくらいの内容だった。
来世は指揮者になりたいと思ったのは、このころだったかも知れない。


思えば、音楽でこれほどまでに感動できたことは、これ以降無かったかも知れない。
天国にでも行ったような、本当に素晴らしい体験だった。言葉にすると、安っぽくなるな。

でも、僕はこの体験を思い出せれば、どんなに辛いことがあっても自殺を思いとどまるだろうと、そこまで確信を持ったくらいなんだ。

このときの音源があったらな~と思うけれど、もしかしたら、あっても聴かない方がいいのかも知れないとも思う。だけど、発売されている同曲の音源より、ずっと良かったはずだ。


話は変わるけれど、

僕の中でのマーラーのベスト音源はベルティーニ+ケルン放送響が1991年にサントリーホールのライブを録音した第9番だ。このとき会場で聴いていたけれど、ライブでの素晴らしい印象を全く裏切ることのない音源だ。
席が抽選で、指揮者のほぼ真後ろで聴いていたのだけど、演奏が終わり、ベルティーニ氏が涙をためていたことを今でも鮮明に覚えている。

テンシュテットも、ベルティーニも亡くなった。
他にもマーラーの素晴らしい演奏をする指揮者の多くが亡くなってしまった。
[PR]
by CaffeineSphere | 2006-05-20 16:20 | ライブレポート

<< ロリン・マゼール+ニューヨーク... ブロムシュテット+ライプチヒゲ... >>



生きること全てが表現である、と言う視点で話題を持つ
by CaffeineSphere
タグ
(1)
(1)
カテゴリ
全体
表現ライフ
ライブレポート
珈琲無礼苦
映像レポート
似非云
シチュ・ゲーム
その他
検索
以前の記事
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
ライフログ
その他のジャンル
画像一覧